精神的なものも肌には影響しますので、ストレスはニキビの大敵です。ストレスによって皮脂の過剰分泌を招くからです。ニキビの原因には皮脂が関係しています。ストレスが溜まると自律神経に影響を与えてしまうため、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、交感神経が優位な状態になります。

そうなるとアドレナリンや男性ホルモンなど、皮脂分泌を促す働きがある体内物質の分泌が高まるため皮脂が過剰になってしまいます。ストレスがニキビに関係あることを知り、ストレス対策をすることはとても大切です。精神的なストレスは、人間関係のトラブルや仕事の悩みなどによって溜まってきます。ニキビを気にし過ぎてしまうこともストレスになりますので、くよくよしないことも大切です。

規則正しい生活や睡眠をしっかりとること、適度な運動、趣味を楽しむなどといったことを意識して、ストレス解消を心掛けましょう。副交感神経を優位にできるとリラックスできますから、ぬるめのお湯に長めに浸かったりすることも効果があります。アロマオイルなどでリラックスするなど、自分にとってリラックスできるできる時間を作るよう心掛けるとよいです。食事にも気を配っているのに、ストレスのせいで皮脂が過剰になってしまうのも困ります。

足湯などもストレス緩和に効果がありますので湯船に浸かれなくてストレス解消できないときには足湯を取り入れるなど工夫をすると良いです。なるべくストレスはこまめに解消するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です